たけやんのちゃらんぽらん夢日記

日々見た夢を綴って、心の平安をたもとうか、とゆうブログ

X-Pro2、売っちゃった。

 さて、買ってから至極気に入ってニヤニヤしながら毎日使っている富士フイルムのカメラ、X-Pro2である。が、一つ、大きな欠点がある。欠点というか不具合なのだが、時々どこにもピントが合っていない写真が撮れてしまうのだ。AF OKのサインが出てピントは合っているはずなのに。

 家に帰ってパソコンで写真を見た時にピンボケだったらガッカリする。特に手応えがあった写真なんかだったりするとショックが大きい。かなりのストレスだ。当然修理に出したが『症状再現せず』で帰ってきた。

 さてさてそんで、こないだ新しく交換レンズを買った。増税前の駆け込み購入ってやつだね。『XF18mm』とゆうレンズだ。まあすごくいい!素敵な描写をするレンズなのだ。

 ところが!このレンズを使うと例の『どこにもピントが合っていない写真』が頻発する!他のレンズとは再現率が全然違うのだ。ほぼ毎回ピンボケ写真が撮れてしまう。こ、これは困った。

 ちょっとネットで検索してみたが、少数ではあるが同じ症状の人がいた。修理に出しても『問題無し』で帰ってきたってのも同じだ。そしてある記事にこんなことが書かれていた。

『この症状は新しい設計のレンズでは出にくいが、初期の設計のレンズでは出やすい傾向にある』

 私が買ったXF18mmとゆうレンズは、Xシリーズのカメラが発売された時に作られた最初期のレンズだ。どうすんだ?このレンズ、売っちゃう?でもすごく気に入ってるしなぁ。あれ?X-Pro2の方を売る?

 このX-Pro2はひと世代前のカメラなのだが、現行のカメラ(X-T3とX-T30とゆうカメラ)は、オートフォーカス性能が格段に向上しているそうなのだ。『どこにもピントが合っていない症状』も改善されているかもしれない。でもなー。カメラ自体は気に入ってるしなー。でも買い換えるなら増税前の今だよなー。とかウダウダ思っている時に富士フイルムがこんな発表をした。

『X-Pro3、絶賛開発中!10月23日に発表予定!!』

 こ、これはまずい!X-Pro2の下取り価格が下がってしまう!


 と、ゆうことで、X-Pro2、売っちゃった。

 ほんでX-T30とゆうカメラを買った。このカメラとXF18mmの組み合わせで60枚強の写真を撮ったが、今の所『どこにもピントが合っていない写真』は撮れていない。X-Pro2なら何枚もピンボケ写真が撮れていたはずだ。このまま行ってくれれば、買い換えた甲斐があるってもんだ。で、出ないでくれよー。

 ちなみにX-T30は廉価版のカメラなのだが、富士フイルムの場合、同じセンサーを使っている同世代のカメラなら安いカメラも最上位のカメラも、画質やオートフォーカス性能に差を付けず、同じ性能で同じ写真が撮れる。こうゆうところ、富士フイルムは太っ腹だね。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
https://chirorudou.blog.fc2.com/tb.php/305-c12da4ce

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

たけやん

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

RSSフィード

リンク

ブログ内検索

FC2カウンター

designed by たけやん